利益をあげるために〜AISAS

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

起業家志望ランキング

■選定したターゲットがいかなるプロセスを経て、最終的に財・サービスを購入するのかをフレームワークにしたもののひとつに、「AISAS理論」というものがあります。消費者は、これまで全く情報をもっていない財・サービスの広告を見ても、すぐに購入したり、利用したりすることは稀です。通常は、財・サービスを認知してから、少しずつ理解を深めて購入するか否かを決定します。

その購買へ向かう意識の変化をモデル化したものがAISASです。

①A=Attention(注意喚起)

AはAttentionで注意喚起を意味します。今まで知らなかった商品サービスを知る段階です。

②I=Interest(興味)

IはInterestで興味を意味します。注意喚起から興味に意識が移るには、注意喚起の際に、いかにターゲットに興味関心を抱かせる「表現=映像・写真・コピー等」を作れるかにかかっています。

③S=Search(検索)

SはSearchで検索を意味します。興味関心を抱いた財・サービスに関して、ネットで検索する段階です。

④A=Action(行動=購入)

AはActionで行動すなわち購入を意味します。実際に財・サービスを購入、利用する段階になります。

⑤S=Share(共有)

SはShareで共有を意味します。購入、利用をした財・サービスについてネットの共有サイト等で情報共有する行動です。この共有情報がSearch(検索)で活用され、Action(行動=購入)に結びついていきます。

■福岡で起業・会社設立をする方へ

福岡で起業・会社設立する方もAISASを活用して、プロモーションに活かしてください。AISASのどの段階に向けてプロモーションをするかを吟味していきましょう。最初のA=注意喚起の段階の顧客にはインパクトの強い広告で印象づけたり、最初のS=検索の段階の顧客にはすでに、財・サービスを購入、利用された方の「お客様の声」等がとどくようなプロモーションを実施する等工夫していきましょう。

トップページはこちらをクリック↓

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.