収支計画策定〜貸借対照表とは

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

起業家志望ランキング

①貸借対照表の内容

貸借対照表は、会社の期末における財政状態を示す決算書です。通常B/S(Balance Sheetの略)と呼ばれています。貸借対照表には資産の状況(会社が現金・土地・建物をどれくらい所有しているのか)、負債・純資産の状況(どのようにして資金調達しているか)といった財政状態を利害関係者に明確に示すための書類です。

【資産】(資金の運用状況)=【負債+資本】(資金の源泉)

この左辺と右辺は必ず同一金額になります。

②資産の部について

資産の部には、会社が所有する資産の状況(現金・土地・建物がどれだけあるか)、換言すれば、会社が調達した資金をどんなふうに運用したか、という運用結果が記載されます。

❶流動資産

現金や預金等のほか、比較的短期間に換金されることが見込まれる資産のことを言う。

(イ)現金・預金

現金→紙幣、硬貨、他人振り出しの小切手等

預金→当座預金、普通預金、定期預金

(ロ)受取手形

商品や代金を将来の特定の日に受け取る旨を約束した証書

(ハ)売掛金

取引をしたが代金未回収の場合の金額、または取引代金を後日受け取る約束で販売した場合の代金請求権

(ニ)棚卸資産

販売目的で仕入れた商品や製品、原材料の期末在庫高

❷固定資産

固定資産とは、企業・会社が長期間保有し、使用する資産のことである。

(イ)建物

事務所・工場・倉庫等の事業活動に使用している建物

(ロ)車両運搬具

事業活動に使用している自動車その他陸上運搬器具

(ハ)土地

事業活動に使用している自社所有の土地

❸負債の部

負債の部には、金融機関等の債権者から調達した金額が記載されます。

(イ)支払手形

商品や代金を特定の日に支払う旨を約束した証券

(ロ)買掛金

取引を行ったが代金未払の場合の金額、または取引の代金を後日支払う旨を約束で買い入れた場合の支払義務

(ハ)借入金

金融機関からの借入金の返済義務

(ニ)未払金

買掛金を除いた支払義務のある債務

(ホ)前受金

商品の売り渡しにおいて、現品に引き渡しの完了前に代金を受け取ったときの金額等

(ヘ)預かり金

取引先からの単なる預かり金や源泉所得税、社会保険料等の従業員から預かった金額

③純資産の部

純資産の部には、主に株主資本(株主から調達した資金)と株主資本以外の項目等が記載されます。資産から負債を控除したものが純資産です。株主資本とは、純資産のうち、株主からの出資額(資本金等)とその出資額を元手として事業活動することから発生した利益の留保等で構成されます。

④福岡で起業・会社設立をする方へ

福岡で起業・会社設立する方も貸借対照表の内容をしっかり理解してください。決算書類の中でも最たるものです。これを読み解き、次年度の事業計画の基礎とできる経営者を目指しましょう。

トップページはこちらをクリック↓

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.