会社の消費税

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

起業家志望ランキング

①消費税とは何なのか

消費税は、消費に対して公平に課税する間接税です。消費税は、個人事業か法人かということで、手続きの違いはありません。

❶課税期間

課税期間とは、納付すべき消費税額の計算をする基礎となる期間のことです。原則として、個人事業者は暦年、法人は事業年度をいいます。

❷基準期間

基準期間とは、ある「課税期間」において、消費税に関し、納税義務が免除されるかどうか、簡易課税制度を適用できるかどうかを判断する基準となる期間のことです。原則として、個人事業者についてはその年の前々年、法人についてはその事業年度の前々事業年度をいいます。

②納付税額の算出方法

納付税額の計算方法は、以下の算出式となります。

課税売上げにかかる消費税額—課税仕入額にかかる消費税額

③消費税の納税義務者と実質負担者

消費税は、事業者に負担を求めているわけではありません。税金ぶんは事業者が販売する商品やサービスの価格に含まれて次々と転嫁されていき、最終的に財・サービスを消費した消費者が負担するのです。

④納税事務の負担軽減措置等

消費税は、「課税売上げにかかる消費税額—課税仕入額にかかる消費税額」で算出されるのですが、課税仕入額に関する消費税額の集計をするには大変な事務負担がかかってしまいます。そこで、事業者側の納税事務負担等の軽減もために、以下の措置が講じられています。

●簡易課税制度

基準期間の課税売上高が5000万円以下の事業者は、課税売上高から納付する消費税額を計算する簡易課税制度が選択できます。つまり、課税仕入額にかかる消費税額を集計しなくていいのです。

⑤消費税の申告納付方法と申告納付期間

納付額が一定の金額を超えた納税義務者は、所轄の税務所長に消費税及び地方消費税の確定申告書を提出し、消費税額と地方税額をあわせて納付します。消費税の申告納付義務者は、直前の課税期間の確定消費税額に基づき中間申告・納付をすることになります。

⑥福岡で起業・会社設立をする方へ

福岡で起業・会社設立をする方も、消費税についてしっかり把握してください。簡易課税制度は活用して事務負担を軽減しましょう。消費税は、最終消費者が負担するものであり、事業者が負担しているわけではないことも認識しておきましょう。消費税について知識を深めたい方は、福岡の所轄の税務署に質問しにいくのもいいでしょうし、税理士への相談もいいでしょう。

トップページはこちらをクリック↓

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.