会社のビジネス契約書

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

起業家志望ランキング

①契約書の重要性

ビジネスを展開すると、様々な「契約」が発生します。従業員雇用のための雇用契約、事務所を借りる際の賃貸借契約、商品を販売するための売買契約等、正に様々な契約があります。契約の大前提は、当事者間の合意にありますが、契約はただの約束ではなく、法的効力のある法律行為だと理解しておくことが重要です。口頭での合意による契約も民法上、有効に契約が成立しますが、トラブルになったときに裁判になることもあり、その際に口頭で合意して契約が成立していることを立証するのは困難を極めます。それ故に、契約する際は、契約書を作成することが大変重要なことになります。契約書作成上のポイントは、裁判になった際に「証拠」となる内容にしておくことです。契約は個々に異なるものですから、当該契約を担保する契約書を作成しなければなりません。

②契約書に記載すべき内容

契約書に記載すべき内容を考える際には、以下のことに留意しましょう。
❶契約がどのように履行されるのかを具体的に文言で約定しておく。
❷契約を履行するにあたって、将来に向けて発生する可能性がある事態を想定し、当事者間の権利・義務を約定しておく。
❸紛争が訴訟に発展した場合を想定する。

③契約書の具体的な事項

契約書に記載する具体的事項を下記に例示します。契約書の作成に関しては、契約内容に応じてリスクのないものとし、法律の専門家に事前相談するのがいいでしょう。

  • 契約の当事者、契約締結日
  • 契約の基本的な合意内容
  • 引き渡し期日、場所、方法
  • 通知義務
  • 目的物の検品及び瑕疵担保責任
  • 所有権、危険負担の移転
  • 決済
  • 期限の利益の喪失
  • 契約解除
  • 契約終了について
  • 裁判管轄について
  • 秘密保持条項
  • 反社会的勢力排除に関する条項

④契約書への債権回収方法の明記

契約書や、それに準じる書面(注文請負書等)を作成する際、債権の支払方法について以下の事項を明記しておくことがポイントです。

  • 支払方法は前金か同時履行とする。

もしも、同時履行ができず、こちらが先に履行しなければならないときは、相手方の支払方法は可能な限り、短期・一括の支払とするようにしてください。焦げ付きのリスクを軽減するためです。

  • 原則として現金支払を受ける。

現金で受けとれない場合でも、約束手形を振り出してもらった方が有利です。

相手方は約束手形の決済が出来なかった場合、銀行取引停止処分となり大きいダメージを受けるからです。

  • 違約条項を記載しておく。

相手方から分割で支払いを受ける場合には、1回支払を怠ったら相手は期限の利益を喪失して残金全額を支払う旨を約定しておくのがいいでしょう。相手方に支払わせるプレッシャーになります。

⑤福岡で起業・会社設立をする方へ

福岡で起業・会社設立をする方も、契約書の意義を理解して、契約締結時は書面としての契約書を作成してください。契約内容の確認にもなりますし、裁判になった場合の証拠として提出することもできます。契約書に関しては、専門家に相談するのもいいでしょう。

トップページはこちらをクリック↓

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.