経営ビジョンを明確にする

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

起業家志望ランキング

①ビジョンの確立

起業・会社設立の際に、最初に確認しなければならないのは起業・会社設立のあと、3年後くらいにどんな状態にありたいかを考えることです。いわゆる「ビジョン」を明確にしておくことが大切です。ビジョンを描くことで、必然的に提供する財・サービスの価値も明確になってきます。

なぜなら、ビジョンで描いた状態になるには、社会のニーズに応えていかなければならないからです。ビジョンは起業・会社設立する際に明確になっているといいのですが、会社設立後に徐々に明確になっていき、成功した会社も多くあります。ビジョンがないと、起業・会社設立できないわけではありません。ビジョンを考えているうちに、時間がずいぶんと経過してしまうのはもったないので、起業・会社設立後、ビジネスを進めながら、ビジョンを描くという方法もあります。

②ビジョンの策定方法

ビジョンの策定方法は、いろいろとあってかまいませんが、策定時の留意すべき点を3つ提示します。

<留意点1>
マクロ環境がどのような状況か把握してみましょう。政治、経済、社会、テクノロジーがどのような状態なのかの理解につとめましょう。ニュースや、ネットの情報等が有効ですが、自らで体感したり、他の人から話を聞いたりするのも意義のあることです。

<留意点2>
3年後の理想のイメージを描きましょう。それより短い期間だとタスク(やるべきこと)という感じになるし、5年以上先だと、イメージが茫洋とし、ビジョンというほどの具体性にかけてしまうと思われます。そこでちょうどいい区切りは3年と言われています。3年後に世の中や自分自身がどうなっているのがいいかをイメージしましょう。

<留意点3>
できることからイメージするのではなく、これをやりたいんだというイメージを優先させてください。現状できそうなことからやることを考えるとこじんまりとしたビジョンになってしまい、モチベーションもあがりません。あえて、実現できるか否かの話にとらわれることなく、ゼロから考えてみましょう。そうすることで、自分自身のモチベーションがあがる魅力的なビジョンが描けるのではないでしょうか。

③福岡で起業・会社設立をする方へ

福岡で起業・会社設立される方も上記のビジョン策定は必須です。2015年現在、都市・福岡は「創業・雇用創出特区」に指定(2014年)され、そのための施設も幾いくつかできており、起業・会社設立を計画する人とそれを応援する人の交流も活発化しており、ポジティブなビジョンを描くには大変良い状況になっています。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.