作戦を考える

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

起業家志望ランキング

①はじめに

起業・会社設立を決心したときから、管理・コントロールの必要性が出てきます。まず、自らの管理を行い、事業規模の拡大、人員の増加に伴い、戦略マネジメント、組織マネジメントへと拡大されます。経営はそのときの状況や環境に反応していかなければなりませんので、あらゆる事業に共通するマニュアル的なものはありません。ただし、過去の会社の経営上の事例がいくつもあるわけで、ある種のセオリーがあるのもまた事実です。以下にひとつの例として「作戦の考え方」を記載します。

②作戦の考え方

まず、最上位概念といえる「経営理念」を確立します。その経営理念を基にして、「経営ビジョン」を設定します。ここから、経営をうまく進捗させるための作戦である「経営戦略」を立案していくのです。経営戦略はビジネスに関わる外部環境すなわち市場・顧客・競合について、また内部環境すなわち人・金・物・情報を理解し、双方に対し、首尾一貫した戦略の立案が必須となります。

端的に言えば、顧客のニーズに対してマッチしていないものをいくら頑張って販売しようとしてもそれは無理ということです。経営戦略を立案したあとは、実際にビジネスをスタートさせていく段階に入ります。スタート時は、ここまでに準備したこと、計画したことを実行するだけです。つまり、それまでの準備をしっかりとしておけば、起業・会社設立後の実際のビジネスがスムーズに進むということです。

ビジネスを開始したら、頑張るだけではなく、PDCAをしっかりと行ってください。PDCAによって、軌道修正を加えることで、ビジネスを軌道にのせる可能性がたかまります。そして、得られた利益をビジネスに再投資し、拡大させていくのです。

③福岡で起業・会社設立をする方へ

福岡で起業・会社設立する方も、ぜひ「経営理念の確立」、「経営ビジョンの設定」、「経営戦略の立案」をぜひ行ってください。これは、起業・会社設立し、経営を実践していく人にとって必須ですのでしっかりとやるべきことです。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.