期待される都市・福岡

■国家戦略特区ワーキンググループは概ね以下のような見解をもっています。

 

①新しいグローバル都市としての福岡への期待


2014年3月に、政府は6カ所を国家戦略特区に指定しています。東京圏、関西圏、新潟県新潟市、兵庫県養父市、沖縄県、そして福岡県福岡市です。福岡が指定された理由は、最も熱意をもって本気で改革しようとする印象を選考する「国の委員会」に与えたからのようです。本来、福岡という街は魅力的なところです。若い人も多く、起業・会社設立するチャレンジ精神あふれる人が多いところです。アジアに向けた表玄関というイメージも印象深いです。新しいグローバル都市になる素地が十分にあります。しかしながら、そのような「素地」だけなら、福岡以外の都市にもあります。都市・福岡が特区に選ばれたのは、新規創業、起業・会社設立を力強く推進していき、そこにたちはだかる様々な課題を解決していこうとする覚悟が示されたからなのでしょう。

福岡の取り組んでいく「グローバル特区」というものは、新しく創業。起業・会社設立を行っていこうとするチャレンジングな人たちが活動しやすい環境を創っていくという取り組みです。この創業支援という概念は非常に経済活性化のために重要なものですが、反面課題も多いため実現するのは困難を極めます。しかし。今回の都市・福岡のこれまでの実績を礎とした決意は並々ならぬものです。グローバル特区福岡は十分に期待できる存在と言えるでしょう。

 

②低迷する日本経済に風穴を


政府は、2014年1月に規制改革に関し、これからの2年間で成果をだすと発表しています。これまでの長い年月の間、ほとんど手をつけられていない規制改革ゆえに、期限を定めて実行していこうとい考えは評価できると思います。

この定められた2年間で、これまでの長い期間の課題を一挙に解決できれば、日本社会に多大な影響を与え、沈んでいる日本経済を大きく浮上させることができるでしょう。そして、都市・福岡には、その風穴をあける役割を担ってほしいと考えます。福岡市単体でなく、政府も頑張ります。特区は、チャレンジする場として選ばれた地域です。その地域の中でも「最も突き進んだ地域」である福岡市の「グローバル創業特区」を成功させていきましょう。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.