合同会社とはどんなものか

①会社法に定められた新「会社形態」


合同会社は2006年5月に施行された「会社法」に新しく定められた会社形態です。(英語では、Limited Liability Company、略してLLC)LLCという会社形態はアメリカで生まれたものです。アメリカにはCorporation(株式会社)、Partnership(組合組織)等の会社形態が存在しますが、LLCはCorporationとPartnershipの中間的な位置づけとして存在します。比較的小規模な会社に向いています。Limited Liability Companyは、そのまま訳すと「有限責任会社」となりますが、日本には「有限会社」という会社形態がありました。LLCと有限会社は似たような位置づけといえるでしょう。

 

②有限会社から合同会社へ


日本における有限会社は「有限会社法」という法律で規定されていた会社形態です。しかし、2006年の会社法施行により、有限会社が廃止され、有限会社の設立は不可能となりました。そのかわりに定められた会社形態が。「合同会社(LLC)」です。おおまかにいうと、合同会社は有限会社と同様の位にあり、株式会社よりも簡便な会社といえるでしょう。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.