合同会社の特徴

①設立が比較的簡単


合同会社の一番の長所は、比較的簡単に設立できるということです。会社設立の経験のない方でも、法務局への会社設立の登記申請や税務署への届け出等を比較的簡単にできると思われます。(あくまで、株式会社との比較においてですが)すべての手続きを終了するのに1ヶ月程度だと思われます。手続きに必要な費用も、登録免許税等の設立登記の申請にかかる費用と印鑑代を合算しても、10万円〜13万円程度で収まります。

 

②会社維持が比較的やさしい


2番目の長所として、株式会社と比較すると、「会社の維持の手間と費用がかからないこと」です。株式会社は、取締役の任期、決算広告の義務があり取締役の改選の際に登記費用がかかり、毎年の決算広告にも費用が発生します。合同会社の場合には、業務執行役員等の任期を定めなくてもよく、決算広告の義務もありません。したがって、株式会社と比較して、会社を維持する手間と費用がかからないといえます。

 

③合同会社はフレキシブル


3番目の長所として、「組織がフレキシブルである」ことです。内部機関、出資、業務執行、利益分配等の事項において、株式会社よりも自由度が高く、社員1人の会社から、従業員がかなり多い大規模な会社まで対応できる会社形態です。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.