設立手順の比較

①株式会社の設立手続きには段階が多い


株式会社の設立手続きは、合同会社等と比較して、その段階が多く、それ故に時間がかかってしまいます。定款作成後の公証役場での認証を得るという手続きがあり、また、設立にあたっての発起人会や取締役会の開催等も必要です。公証役場での定款認証は、意外に手間隙がかかることがあります。定款の表記上の細やかな点で補正を求められることもあり、不慣れな方だと外に時間がかかると思われます。事前によく調査しておくのが望ましいです。

 

②設立手続きが比較的簡単な合同会社


合同会社の場合、公証役場での定款認証が不要な分だけ株式会社よりも簡易な手続きで設立可能です。参考までに、個人事業主なら、手続き上は税務署等への開業届を提出すれば、仕事を始めることができます。

 

③合同会社の設立までのプロセス


❶基本事項の決定

❷定款の作成

❸出資金の払込

❹登記申請

❺登記完了

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.