設立手続きのプロセス

①手続きは株式会社と比べると簡便


合同会社の設立手続きは、株式会社に比べて簡便なものです。ます、ビジネスの内容を決定します。そして、ビジネスを始めるために必要な資金額を算出し、資本金を決定します。ビジネス内容と資本金が決まれば、設立手続きのプロセスにしたがって事務を進めていきます。

 

②最初にビジネスの内容を決定する


合同会社にせよ株式会社にせよ、会社を設立するにあたっては、まずビジネスの内容を明確にする必要があります。アイデアとかイメージに留めることなく、具体的に商品、ターゲット、販売経路、広告等を決定しましょう。

 

③設立登記までの流れ


設立のための手続きは

❶定款の作成

❷資本金の払込

❸登記申請

❹登記完了       の流れがあります。登記完了後は、税務署、年金事務所等への届け出があります。

 

④定款の作成が重要


設立登記の手続きの中で、一番重要なのは定款の作成です。定款とは、会社のビジネスの目的や組織に関する基本的名ルールを定めたものであり、会社の憲法ともいわれています。

 

⑤合同会社設立のプロセス


事業内容を決める

資本金を決める

出資者を決める

商号を決める

定款を作成する

出資金を払い込む

設立登記の申請

登記完了

税務署等への届け出

ビジネス開始

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.