代表者の権限

①会社の代表者と何なのか


会社の代表者とは、株式会社でいうならば「代表取締役」、「社長」と言われる人のことです。株式会社の場合、法律上は「代表取締役」が会社の代表者です。規模の大きい会社であれば、社長のみならず、会長、副社長なども代表取締役になっていることがあります。

 

②代表取締役の役割と権限


法律上、代表取締役には、業務執行権・代表権等を有すると解釈されています。手短かに言ってしまえば、会社を代表して対外的な契約を結ぶ権限を有しているということです。会社間での取引は、最終的に各々代表取締役が契約書に調印して、正式な契約が成立します。ただし、場合によっては、代表取締役ではない店長や支店長の名前で契約書を取り交わすこともあります。この場合、代表取締役から店長や支店長に権限委譲がなされたと見なされます。

 

③合同会社の代表者


合同会社の場合は、株式会社と異なり、原則としてすべての出資者に業務執行権と代表権があります。社員全員が社長ということになります。つまり、他の会社との取引において、各々の社員がその社員の名前と印鑑で契約締結できるということです。株式会社で言えば、社員(出資者)全員が代表取締役になっているのと同じことになります。

 

④定款で定めることで代表者を限定する


社員全員が会社の代表の立場だと意思決定が難しくなります。それは、会社の存続にすら影響を与えかねないゆゆしき問題です。誰かをリーダーとしておかなければ会社の運営上のリスクが大きいと考えるのであれば、定款で定めることによって、業務執行権のある社員とない社員にわけることが可能となります。会社の代表者を明確にしたい場合や、「出資はするが、経営は任せるという」出資者がいる場合、あるいは、社員の総意として会社の経営を誰か1人に任せるというような場合は、定款に業務執行者を限定する旨の条文をいれればいいわけです。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.