会社設立のための金銭以外での出資

①現物出資

発起人資本金を出資する際、現金で出資します。しかし、現金以外の出資もあります。自分の所有する有価証券、パソコン、車等を出資することも可能です。このことを、「現物出資」といいます。手持ちの資産の有効活用ということです。現金100万を出資し、併せて100万円相当の自己所有の車を現物出資すれば、資本金200万円とすることができます。

②現物出資する物の評価

現物出資する際、大きなポイントは出資する物の価額を「相当」に評価することだといえます。出資する現物を過大に評価すると、大きな資産が見かけ上存在するが、実情は異なるということになり、この場合は発起人と設立時取締役は、不足している価額を連帯して支払う責任があります。評価額を決めることは難しいので税理士等の専門家に相談し、相当な価額を見極めて現物出資しましょう。
現物出資の客観的評価を行うために裁判所で選任された「検査役」(弁護士になるケースが多いです。)の調査が必要とされています。しかし、現実として検査役の調査を受けるには、時間と費用がかかり、大変です。そこで、以下のような場合は検査役の調査は不要となります。
定款に記載された現物出資の総額が500万円を以下の場合
・現物出資財産が、市場価格のある有価証券であり、定款に定めた価額がその有価証券の市場価格として法務省令で定める方法により算定される価額を超えない場合
・現物出資財産について定款に記載された価額が相当であることについて弁護士、税理士時間と費用がかかり、大変です。そこで、以下等の証明を受けた場合。現物出資財産が不動産である場合にあっては、その証明及び不動産鑑定士の鑑定評価を受けた場合。

③名義変更が必要な現物出資

機械等の動産の現物出資においては、会社に現物を引き渡すことで出資となりますが、自動車、有価証券、自動車等は名義変更手続きが必要となります。この名義変更手続きは、発起人全員の同意がある場合、会社設立登記終了後におこなってもかまいません。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.