会社設立のための印鑑の作成

①個人の実印

印鑑には、いくつか種類があり、用途によって使い分けをします。

❶実印

実印とは、個人が市区町村に届け出て登録した印鑑のことです。
実印は1人が1つしか登録することができません。届け出てある印鑑の「印鑑証明書」が市区町村から発行されます。

❷個人の印鑑の制限

市区町村によって、印鑑の大きさや材質が定められている場合もあります。事前に確認をするようにしましょう。実印は大切なものであり、不正使用の回避のためにも、良質なものを作ることを奨めます。

❸個人の印鑑証明書の取得方法

印鑑登録申請書に必要事項を記入し、申請すると印鑑が登録されます。また、「印鑑カード」が発行されます。印鑑証明書を取るには、「印鑑登録証明交付申請書」に必要事項を記入後、印鑑カードといっしょに提出し、申請します。印鑑カードがあれば本人以外でも印鑑取得が可能ですので、不正に取得されないように、実印と印鑑カードは分けて保管するようにしましょう。

②会社の実印

会社の印鑑にもいくつか種類があり、用途によって使い分けをします。

❶実印

会社の印鑑も届け出をして実印登録をします。実印の届け出先は、会社の本店所在地を管轄する法務局です。会社設立登記の際、併せて法務局に登録します。会社設立登記の際の書類に会社の実印の押印が必要になりますので、登記前に印鑑は作りましょう。また、会社の銀行印も必要ですが、実印と銀行印はそれぞれ作り、保管は厳重にしておきましょう。
会社の場合、個人と比べて取引の規模が大きく、そのため印鑑を不正された際の被害も大きくなります。くれぐれも印鑑の保管は厳重にしておきましょう。

❷会社の印鑑の制限

・会社の実印の大きさは、辺の長さが1センチを超え、3センチの正方形に収まるものでなければなりません。
・欠けている印鑑、印影の不鮮明な印鑑は実印にするのは避けましょう。
・形は丸型でも四角でもよいが、一般的には丸型が多いです。
会社名を入れることは必須ではありませんが、会社の実印ですので、混乱を避けるため、会社名の入った実印を用意しましょう。

❸会社の印鑑証明書の取得方法

会社の実印登録をすると、法務局から印鑑カードが発行されます。印鑑カードは印鑑証明書の取得の際に必要ですので、しっかりと保管してください。

❹その他の会社の印鑑

会社の印鑑は実印のほかに、次のものがあります。
■銀行印
銀行印は会社名義の銀行口座の開設、手形・小切手での取引を行う際に必要となります。通常は丸型であり、内側の円内に「銀行之印」と彫られています。大きさに規定はありません。
■角印
会社における認印の役割を果たします。大きさに規定はありません。用途としては、見積書、請求書、領収書への使用が挙げられます。
■ゴム印
ゴム印とは、会社の住所商号代表取締役、電話番号、FAX番号、などが記載されている印鑑です。ゴム印を用意しておくと、書類に会社の住所等を手書きせず、印鑑を押印すればいいので、手間がかかりません。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.