会社の公告の方法

①公告とは何なのか

「公告」とは、会社に関わる利害関係者(株主、債権者等)に会社経営に関する重要事項を広く知らしめることです。これは、義務付けされていることであり、会社の合併、資本金の減少等の重要事項は公告しなければなりません。

②公告の方法

公告の方法は、次の3つがあります。

❶官報に掲載する(官報公告)

官報とは,法律等の制定・改正の情報や,破産・相続等の裁判内容が掲載される国が発行している機関紙をいいます。発行しているのは,独立行政法人国立印刷局です。
中小企業の多くは、この方法を採用しています。

❷新聞紙に掲載する

新聞公告は、文字通り新聞(全国紙でも地方紙でもよい。)に公告を掲載することです。この新聞は日刊でなければなりません。

❸電子公告

インターネット上で公告することを「電子公告」といいます。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.