株式の譲渡制限の規定

株式の譲渡は自由にできますが、中小企業においては、知らぬ間に第三者に株式が譲渡されてしまうと、円滑な会社経営への障害となる場合もあります。これを回避するために、会社が認めた人に限り、株式の譲渡を許可するという規定を設定することができます。これを、会社法上「株式の譲渡制限に関する規定」といいます。この規定を設定すると様々なメリットがあるため、設定しておいたほうがいいでしょう。株式の譲渡の承認機関は、取締役会非設置会社の場合は、株主総会か代表取締役のどちらかにします。取締役会設置会社の場合は、取締役会で承認します。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.