会社設立当初の発行株式の数

①株の価額

発起人は会社に出資し、その割合に応じて株式取得します。この際、1株の価額は会社で自由に決定できます。一般的には計算のしやすさもあり、多くの会社が1株1万円にしています。

②設立当初発行する株数

各発起人に出資に応じて株式の割り当てをしたら、その合計数をもって設立当初発行する株数となります。この株数のことを「発行済株式総数」といいます。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.