定款の作成

1.定款に記載する事項

①定款って何?

定款とは、会社のルールを定めたルールブックのようなものです。
会社の憲法と言っても良いでしょう。
定款には、商号、本店所在地等の基本的な事項から、「株主総会開催のタイミング」、「取締役の人数等」等、様々な事項を決定し、記載することが可能です。

②定款作成から認証までのプロセス

発起人が定款作成を行います。作成を発起人全員で行い、認証するのは公証役場です。
株式会社の定款は公証人の認証がなされていなければ、効力を有しません。また、定款の認証がなければ、登記申請もできないです。
定款作成から認証までのプロセスは、以下の通りです。

■定款作成から認証までのプロセス
❶定款に記載する事項の決定する
❷発起人の実印、印鑑証明書を準備する
❸定款を作成する
❹公証役場にて、事前に定款の確認をしてもらう
❺公証役場に行って、正式に定款の認証をしてもらう
❻定款の謄本を取得

③定款記載事項及び一般的な定款の構成

定款記載事項は、以下の3つに大別されます。
❶記載しなければ、定款そのものが無効とされる「絶対的記載事項
❷決定したら記載しなければならない「相対的記載事項
❸記載するかどうかを任意で決める「任意的記載事項」
つまり、絶対的記載事項を定めれば、そのほかの事項は、発起人が自由に決めることができるということです。

■一般的な定款の構成
一般的には6章程度の章立てになります。
<第1章 総則>
商号、本店、目的、公告方法等
<第2章 株式>
発行可能株式総数、株式の譲渡制限の規定、株主名簿の記載の請求等
<第3章 株主総会>
開催時期、招集の方法、決議要件、議事録等
<第4章 取締役および代表取締役>
注)取締役設置会社においては「株主総会以外の機関」
役員の人数、役員の任期、役員の報酬等
<第5章 計算>
事業年度、剰余金の配当等
<第6章 附則>
設立時の資本金額、初年度の事業年度、設立時の役員、発起人の氏名等

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.