絶対的記載事項について

絶対記載事項とは、定款の中に必ずいれておかなければならないことです。
絶対的記載事項が記載されていない定款は無効となり、公証人からの認証を受けることもできなくなります。
絶対的記載事項は、会社の支柱となる大切で重要な事項ということです。
絶対的記載事項の中身は、それぞれの会社に応じてカスタマイズしていきましょう。
なお、絶対的記載事項は次の5つです。

①目的

どんな事業を行うかを記載。

②商号

会社の名前を記載。

③本店の所在地

定款には、本店所在地については、最小行政区画である市区町村までを記載すればいいです(福岡市なら福岡県福岡市まで記載すればOKです。)

④設立に際して出資される財産の価額またはその最低額

会社の資本金となる出資額を記載。「最低額」を記載すると書類作成がいろいろと面倒になります。

⑤発起人(出資者)の氏名または名称およびその住所

出資者を定款上「発起人」と表記します。個人、法人ともに発起人となれます。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.