公証役場に「定款の認証」に行く際の必要なもの

■公証役場に定款の認証に行く際には、以下のものを準簿していきましょう。

①定款を3通

3通とも発起人全員の署名押印、契印をします。押印は個人の実印で行います。
3通は以下のように使われます。
❶1通は公証人が公証役場保存用に原本を保管
❷1通は会社保存用原本
❸1通は登記用の謄本として発起人に返却

②発起人全員の印鑑証明書1通

発行後3か月以内の印鑑証明書を用意します。また、公証役場によっては運転免許証等の本人確認資料が必要な場合もあります。

③収入印紙

公証人保存用の定款に、収入印紙を貼ります。定款に間違いがあることも想定して、公証役場で確認した後、収入印紙を貼りましょう。そして、消印をします。

④認証費用

公証役場で支払う費用は
・定款認証費用5万円
・謄本代約2千円(1枚は250円)
の合計約52,000円です。

⑤発起人の実印

定款の不備を想定して、発起人は全員が各自の実印を持参しておきましょう。

■代理人が行く場合

代理人が行く場合は、委任状、代理人の印鑑(認印でもよい)、代理人の本人確認ができるもの(運転免許証等)を持参する。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.