添付書類④ 印鑑届出書

印鑑届出書を作成する

個人と同じように会社も印鑑を実印登録します。実印として届け出た印鑑は、登記申請書やその他の添付書類に押印する際に使用します。
各々の書類に実印が押印されていれば、法務局は「間違いなくその会社からの申請である。」と判断します。あらかじめ、会社の実印を登録させるのはその判断をするためです。会社の実印は、代表取締役が届け出をします。印鑑届出書は設立登記の申請書と一緒に提出します。また、代表取締役個人の印鑑証明書」(3ヶ月以内に取得したもの)を添付することになっています。会社設立の登記においては、登記申請書の添付書類として、代表取締役個人の印鑑証明書を添付しているので、印鑑届出書にあらためて添付する必要はないです。なお、実印を届け出するための印鑑届出書は、法務局の窓口にて無料でもらえます。また、法務省のサイトからダウンロードも可能です。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.