書類の綴じ方

書類の綴じ方

書類の作成が終わったら、次に書類を順番に綴じましょう。法務局の審査を円滑に進めるために、書類の綴じ方には順番があります。一番上を登記申請書にして、それ以降、登録免許税納付用台紙、定款などの添付書類一式という順番になります。綴じ方は、書類をまとめて左側2カ所をホチキス留めします。定款のように袋とじはしないでください。ただし、OCR用紙と印鑑届出書はホチキスで綴じないで、クリップ留めにします。なお、添付書類は原則として原本の提出となりますので、書類一式コピーを取るようにしましょう。

書類を綴じる順番(取締役会を設置しておらず、かつ金銭出資のみの会社の場合)

①登記申請書
②登録免許税納付用台紙 注)登記申請書と契印する
③定款
④発起人の決定書
⑤取締役の就任承諾書
⑥代表取締役の就任承諾書 注)取締役が1人の場合は不要
⑦取締役全員の印鑑証明書
⑧出資の払込を証する証明書
⑨OCR用紙
⑩印鑑届出書

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.