口座を開設する

■ 法人口座の開設にあたっての留意点
法人口座の開設は、個人口座の開設に比べて、さほど大きな違いはありません。しかし、いくつかの留意すべきポイントがあります。

① 口座開設の時期について

金融機関で会社の口座を開設するのは、登記手続完了後となります。
理由は、口座開設のために「登記事項証明書」が必要になりますが、「登記事項証明書」は、登記が完了しなければ、取得できないからです。

② 必要書類と持参物について

一般的に以下の書類と持参物を用意しておく必要があります。
❶口座開設申込書(銀行に備え付けられているもの)
❷登記事項証明書
❸認証を受けた会社の定款のコピー
❹会社の印鑑証明書
注)❷❸❹は登記完了後に用意します。
❺法務局へ届け出済みの会社実印
❻銀行印に使用する印鑑
❼代表者本人や来店者の身分証明書
注)❺❻❼は事前に用意します。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.