都道府県税事務所に届ける書類

① 法人設立届出書

会社を設立したら、地方税に関する届け出もしなくてはなりません。地方税というのは、住民税や事業税のことです。「法人設立届出書」は都道府県により多少の違いはありますが、概ねその内容は税務署に届け出るものと同じです。

② 提出先となる都道府県税事務所

法人設立届出書の提出先は、本店の所在する都道府県税事務所となります。
インターネットで検索すればすぐに見つかります。

③ 提出期限

東京23区においては、設立日から15日以内に提出します。そのほかの地域は、設立日から1ヶ月以内に提出するのが通常です。(異なる地域もありますので、事前確認しておきましょう。)

④ 添付書類

法人設立届出書を提出する際の添付書類は、「定款のコピー」、「登記事項証明書(またはコピー)」の2種です。

⑤ 書類の入手方法

都道府県税事務所にて入手するか、各都道府県税事務所のホームページからダウンロードする方法があります。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.