労働基準監督署に届ける書類

① 労働者を雇用したら労働保険に加入

労働者を雇用した際、労働保険に加入しなくてなりません。
労働保険には、労災保険と雇用保険の2種があります。
労災保険とは、従業員が業務上や通勤上による災害にあった場合に、その従業員やその遺族を保護するために保険給付する保険制度です。また、パートやアルバイトの方のように労働時間の短い人も対象となっています。
労災保険料は全額会社負担です。労災保険料率は業種によって異なります。
会社が負担した「労災保険料+雇用保険料=労働保険料」は全額経費として認められます。これは大きなメリットです。
労災保険の加入や給付手続き等は労働基準監督署にて行い、雇用保険の加入・給付手続等はハローワークで行いますが、保険料についてはどちらも労働基準監督署で手続きします。

② 労災保険の加入のための必要書類

❶労働保険 保険関係成立届(労災保険)
❷労働保険 概算保険料申告書(労災保険・雇用保険の保険料手続き)

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.