開業資金の借り方

■ 創業時に借りられる2つの融資

創業時にはいろいろとお金が必要です。家賃や備品、ホームページ作成に代表される広告の費用、創業勉強会等の設備のための資金、運転資金を用意しておかねばなりません。この資金調達はたいへん重要なテーマです。
創業の際の資金調達には以下の2つがメインになります。
❶日本政策金融公庫からの融資
❷都道府県または市町村と民間金融機関が共同して設定している制度からの融資

創業時は融資を受けるにあたって、とてもいいチャンスです。設立仕立ての会社は実績がないため、今後の成長については不透明です。うまくいくのか、いかないのかは判断が難しいです。従って、このタイミングで融資を受けるためのポイントは、「熱意」と「ビジネスプラン」の2つといえるでしょう。実績がないからこそ、「必ず成功させる」という熱意を示す必要があります。実績がないからこそ、「ビジネスプランが実現可能なものであり、そのことを示す根拠」が必要です。
民間の金融期間は、設立したばかりの会社に対しては、資金回収に不安をいだいているため、対応がドライです。
そこで、設立したての会社には❶日本政策金融公庫の新創業融資制度、❷各自治体の行っている「制度融資」を検討するのがいいでしょう。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.