電子定款は節税になる

■電子定款は節税になる

印紙税の課税対象は紙で作成された定款です。従って電子定款は4万円の収入印紙が必要ないのです。
これは、株式会社、合同会社も同様です。
尚、一般社団法人、一般財団法人の定款はそもそも印紙税の課税対象ではありません。

■定款(紙での作成

印紙税法は、紙で作成された特定のものを課税対象としています。株式会社・合同会社の紙製の定款も課税対象となっています。つまり4万円の収入印紙の貼付が義務付けられます。
合同会社は、定款認証がいらないため定款に収入印紙を貼付することなく、手続きが進みます。しかし、会社保管用の定款には収入印紙を貼付する必要があります。

■電子定款

電磁的記録で作成された電子文書は、印紙税法の課税対象ではありません。
従って、電子定款で作成すれば、4万円の収入印紙は不要なのです。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.