法人成りの税務上の長所

■法人成りとは

現在、個人事業主としてビジネスを行っていて、そこから会社を設立して、ビジネスを続けることを「法人成り」といいます。

■法人成りのメリット

○メリット
①給与所得控除の適用
②消費税の納税義務が2事業年度免除
③認められる必要経費が増加

■法人なりのメリットの詳細

①給与所得控除の適用
会社の場合は、代表者に役員給与が支払われます。この役員給与は役員個人から見れば給与所得です。また、この給与所得には概算経費が認められています。

②消費税の納税義務が2事業年度免除
消費税は基準期間に課税対象となる売上高が1000万円を超えると、納税義務が生じます。基準期間は個人事業主でその年の前々年です。会社なら、前々事業年度になります。事業開始後の2年は、前々年がありませんので、消費税の納税義務は免除となります。課税事業者となっている個人事業主も法人なりによって改めて基準期間が設定されるため、納税義務が免除されます。このメリットを活かす法人成りのケーズは多いのです。

③認められる必要経費が増加
必要経費がどこまで認められるかは納税額に大きく影響します。会社は個人に比べ経費の認められる範囲が広いのです。わかりやすいところで、個人事業主は自分に給与を出せませんが、会社は代表者に給与を支払い、それを経費にできます。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.