株式会社と合同会社

■会社の種類は4つ
○日本で会社を設立する場合
「株式会社」「合名会社」「合資会社」「合同会社」の4つから選択となります。

○無限責任を回避
「合名会社」と「合資会社」はもはやほとんどありません。それは経営者が直接リスクを負わなくてはいけないからです。
「合名会社」は、すべての社員(株式会社の社員ではなく、「出資者」という意味です)が会社の債権者に対して直接責任を負う「無限責任社員」になります。会社が倒産し、債務を会社の財産だけで弁済できない場合、無限責任社員は自己の財産を弁済に充てなければなりません。
「合資会社」には、「無限責任社員」「直接有限責任社員」の両方の社員(出資者)がいます。直接有限責任社員は、あらかじめ決められた出資額の限 度で会社の債権者に対して連帯責任を負わなくてはなりません。

■株式会社と合同会社の差異
○会社をつくる場合の選択肢
責任追及を考えると、会社をつくる場合の選択肢は 「株式会社」か「合同会社」のいずれかになります。株式会社と合同会社はどちらも有限責任社員で構成されるからです。

○株式会社の場合、出資した割合が大切
株式会社の場合、出資割合に応じて株主総会の議決権の割合が決まります。

○合同会社の場合、出資した割合は関係ない
合同会社の場合は 、原則として出資の割合は関係ありません。「出資者=社員」になるので、出資割合に関係なく全員一致でなければいけません。

○会祉の一般的なイメージ
株式会社は組織名称の略称で(株)を使いますが、合同会社の場合は(同)となります。(同)では少しインパクト不足で、はじめて会った人や周りの人に合同会社の略称であることをひと目で、わかってもらいにくいです。

○合同会祉の「社員」は株式会社の「社員」
合同会社では出資者を「社員」と呼び、いわゆる会社員や従業員 とは異なります。社員の中から代表者を選び「代表社員」となりますが、 この代表社員は株式会社における代表取締役兼株主に該当します。

○株式会社の配当は出資割合で決まる
株式会社が配当を行う場合、出資割合に連動して配当金を支払います。たとえば、「1株あたり1000円配当する」と決めれば、10株持つ人は1万 円の配当金、20株持つ人は2万円の配当金を受け取ることができます。

○合同会祉の配当は出資割合は関係ない
合同会社が配当を行う場合は、出資割合と関係なく利益配分を設定することができます。

■合同会社のメリット
○設立費用が安価
法務局に払う登録免許税が株式会社の場合15万円かかりますが、合同会社の場合は6万円ですみます。また株式会社の場合は公証役場で定款認証が必要ですが、合同会社の場合は定款認証が不要なので、その費用5万円がかかりません。これだけでも14万円も安いのです。

○決算公告が不要
決算公告とは、会社の事業年度の終了後の決算で作成した貸借対照表を株主総会で承認したあとに、官報や日刊新聞紙、自社のWebサイトなどに掲載することです。実際にすべての株式会社が決算公告をしているわけではありませんが、本来株式会社は決算公告をして会社の決算書を公表する義務があります。合同会社は決算公告が不要です。

■迷ったら 株式会社にする
○株式会社が圧倒的に多い
これらのことを考えると、出資者が複数いる場合には株式会社、出資者 が自分だけの1人会社であれば、起業後の取引内容を考えて選択します。

○ LLC=合同会社という選択肢も考える
海外取引が多い会社や外国人が設立する会社なら、合同会社を選ぶこともありです。英語では「合同会社=LLC」として認知度も高いですし、英語の名刺なら「LLC って何?」と言われることはまずありません。

○迷ったら株式会社
起業する時点でどちらがいいのかはっきりと決められず迷うならば、株式会社を選択しておけば間違いありません。日本の法人の多くは株式会社なので、社会的認知度が格段に高く、また現在1人会社であってもいずれ会社を大きくして新たな出資者を募る可能性など、将来への展望を考えた場合にも株式会社を設立しておけば安心です。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.