起業・会社設立のための事務所の確保

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

■商圏内にいい物件が見つかったら、至急借り入れして、契約をしたいが、どのような準備をしておけばいいのか。

○物件探しと同時にやっておくべきこと

会社の拠点となる物件を可及的速やかに押さえたい場合においては、融資申請から借り入れまでの期間を短縮する必要があります。この観点から考えると、比較的短期間で融資してもらえる日本政策金融公庫を選択することになるでしょう。

制度としては、新創業融資制度、中小企業経営力強化資金のどちらかを活用することになります。以下に、物件を押さえるためのポイントを記載します。

①物件探しと併せて事業計画書を策定する

物件の大家さんの立場ですと、起業・会社設立する方が、この先事業を継続できるか否かは、判断できません。そのような人に物件を貸すことは大変危険なことです。それ故に、大家さんが「事業計画書」の提出を要求するのは当然のことと言えます。

というわけで、物件を探しはじめるときには、同時に会社の事業計画書の策定にも着手しておくのがいいでしょう。

②連帯保証人の確保

賃貸物件を借りる場合、代表者以外のどなたかを連帯保証人として選び、サインを求めることがほとんどです。ご両親、ご親戚に連帯保証人になっていただければいいのですが、そうでなければ、どなたかにお願いしなければなりません。

物件を見つけてから、連帯保証人を探すのでは遅いです。それ故に事前に連帯保証人になってくれる方にお願いしておきましょう。

q3-4
トップページはこちらをクリック↓

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.