小規模な起業・会社設立と助成金・補助金

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

■自宅で料理教室をはじめたいと思いますが、このような小規模な起業・会社設立でも助成金、補助金の獲得はできるのだろうか

○手続きの負担を考慮すると割にあわないこともある

助成金・補助金は完全後払い制です。これから会社の事業開始といって、最初からお金を入金してもらえるわけではありません。あくまで、要件をクリアしている場合に国、自治体が後払いしてくれるものと理解してください。

つまり、まとまった対象経費を使用する事業計画がなければ要件を満たさないか、あるいは金額が少なすぎて手続きのための手間隙に対して割にあわないケースもあります。

○手続きに充てる手間隙、労力は本業に使う

小規模な起業・会社設立において、助成金・補助金を検討する際のポイントは、「どこまで対象経費を使う計画があるのか」ということです。

例をあげると、過去に「創業補助金」というものがあり、内容は起業予定または起業したばかりの個人、法人に対して対象経費の3分の2(最大200万〜700万円)を国が後払いするというものでした。補助金の申請には、非常に手間暇、労力を要します。

また、競争率もそれなりに高く、全員が採択されるわけではないのです。

それ故に、対象経費となる支出が対してないのに、申請にチャレンジするのは無駄な労力を使うことになります。こういうケースでは、補助金申請は行わず、その分を会社の本業に注力するほうがいいでしょう。

q3-6
トップページはこちらをクリック↓

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.