本店所在地をバーチャルオフィスにすると

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

■本店所在地をバーチャルオフィスにした場合、銀行口座の開設が難しいと聞きますが、大丈夫でしょうか


○ビジネス上の不都合もあり得る
会社の事務所として、バーチャルオフィスはコスト面から考えれば、検討の価値があります。住所がつかえ、郵便物の受領ができ、電話応対もしてくれますので、機能面では重宝されます。しかし、一方では「銀行の法人口座」を開設できないというディメリットも語られています。そのあたり含めて、以下に説明します。

❶登記の可能性
登記は可能です。

❷銀行の口座開設
会社の住所がバーチャルオフィスでは、まず無理のようです。犯罪防止の観点で金融機関サイドの審査のハードルは高いようです。

❸創業融資の可能性
自治体の創業融資においては、バーチャルオフィスではまずもって相手にされないようです。しかしながら、日本政策金融公庫ではバーチャルオフィスは不可という基準はないようです。しかし、評価面では低く見られるようです。

❹許認可は大丈夫なのか
許認可が必要な業種で会社設立するならば、バーチャルオフィスは避けたほうがいいでしょう。

❺厚生年金等に加入できるか
厚生年金、健康保険等はバーチャルオフィスだと加入できないようです。

q4-5
トップページはこちらをクリック↓

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.