本当に会社設立すべきなのか

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

起業家志望ランキング

①「本当に株式会社を設立するべきなのか?」

会社設立を考えている人はまずは、「本当に株式会社を設立するべきなのか?」考えてみてください。

②株式会社を設立するメリット・ディメリットは?

もし、皆さんが独立するなら、まずは株式会社を作らなければ・・・考えているのでしたらとしたら、一度立ち止まってみてください。
物事にはメリットとデメリットがあります。会社設立にも当然のように当てはまります。最低限知っておきたい部分を以下に整理してみましたので参考にして下さい。

<メリット>
○信頼性が高い:これが株式会社設立の最大のメリットと言えます。法人になっていなければ取引不可の企業もあるくらいです。
○節税の可能性が高まる:個人事業の時は経費として認められないものも経費として認められるものがあります。
○利益の最大化を図れる:所得税と法人税の様子を見ながら、税引き後の利益を最大化できる可能性があります。

<デメリット>
○社会保険料:社会保険料を負担するため、従業員を雇うコストが多くなります。
○法人税の均等割:赤字の場合でも、年間7万円を納めなければいけません。
○報酬:社長の給料は1年間変更することができません。これは税金の観点からも重大な問題です。
○必要な手続きが多い:源泉徴収の納付や各種保険の手続きなどやるべきことが煩雑になってきます。

上記のメリット・ディメリットを考慮すると、まだ売上げや利益に確実な見込みがない場合は個人事業主で開業するのも得策かもしれません。または、株式会社より設立費用の安く、機関にも自由度のある合同会社というオプションもあります。

かたや、例えば、合同会社や個人事業主をあまり信用しない中小企業が主要な顧客となる場合は、株式会社を選択するのがいいと思われます。また、個人事業が軌道に乗り、収入が1千万円を超え、その仕事に手応えを感じられるなら、事業拡大のために株式会社化するというのもいい選択肢です。
独立・起業の際に取れるオプションは株式会社の一つではありません。どの事業形態で始めるのが一番いいのかをしっかりと考えてみてください。

トップページはこちらをクリック↓

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.