会社設立の際の事業計画書について

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

起業家志望ランキング

■就業規則とは何か

①事業計画書とは

これから始めようとしている事業内容について、利害関係者に正確に伝えることが必要となります。利害関係者とは、出資者や融資をしてくれる金融機関等のことです。 会社設立するご自身の頭の中には事業に対する夢や情熱、戦略が入っていて、概ね事業の全体像のイメージができていると思われます。しかし、他の人に説明するとなると、具体的な言葉や数字を書面に示す必要があります。独立し、起業・会社設立の様子が頭の中で思い描く事ができたら、次は自分の描く事業のイメージを具体的に文字や数字にして紙に書き上げて「事業計画書」を作成してみることをお奨めします。

事業に対する思いや売上予測等を、実現していく具体的な方法等を、第三者にもスムーズに理解してもらえるように書きあらわしたものが事業計画書なのです。

②事業計画書を作成する理由

「事業計画書」の作成となると、なんだかハードルが高いように感じる方も多いかかもしれません。

しかしながら、事業計画書は、それほどハードルの高いものではではありません。また、「こうでなければならない」といった形式がとくに定められてもいません。自由につくっても大丈夫なのです。

ただし、自由で決まりがないからといって、根拠のないものを作成しても意味がありません。たはり会社設立の際には、事前にしっかりとした計画の策定が必須といえます。やや乱暴な言い方になりますが、精度の高い事業計画野立案が事業の成否を決めるといってもいいでしょう。

とはいえ、最初から完璧なものを作成するのはなかなか難しいものです。まずはイメージを具体的な数字や言葉に落とし込んでみるという作業自体が大切ともいえます。そして修正を加えるうちに、しっかりとした事業計画書が完成します。また、事業計画書は、金融機関や事業の協力者への説明の際に必要となります。

③事業計画書作成の際の留意点

以下の事項を事業計画書に盛り込みましょう。
①事業の概要
②事業を始める動機
③商品・サービスの強み
④経験
⑤市場分析
⑥売りあげのためのアクションプラン(広告戦略等)

トップページはこちらをクリック↓

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.