会社設立時に考える運転資金

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

起業家志望ランキング

■会社設立後の成功は手元資金がポイント

売上もあるし、利益もある。しかし会社が設立後わずかの期間で倒産することもあります。いわゆる黒字倒産です。そんなことあるのだろうかと思えますが、現金そのものがなく支払いができなくなることはあるのです。会社の売上が増加すると手元資金は減る傾向があります。なぜなら、売上増加のために営業マンを増やす(人件費の増加)、在庫を増加させる(仕入れの増加)等が支払いを増加させるからです。売掛金が約束どおりに現金にならなければ、支払ができません。そのときの保険の意味で、会社設立時には、一定の金額を口座に持っておくことが重要なのです。

■金融機関の選定法

会社として口座を開く金融機関といっても、都市銀行、地方銀行、信用金庫等、いろいろとあります。多くの方が、規模の小さい会社を設立されると思いますので、中小企業の味方である信用金庫がいいのではないでしょうか。口座開設とネットバンキング(振込予約可能なもの)をセットにするのがいいです。こうしておけば、振込日にあわてなくてよくなります。

■創業融資

創業融資は、日本政策金融公庫と信用保証協会付きの自治体の融資制度の2つがあります。会社設立時には検討する価値があります。申請後、審査がありますが、ポイントは自己資金です。自己資金が少ないと、準備不足と判断されますので、借りづらくなります。全体として必要な資金の3分の1の自己資金を用意し、残り3分の2を借り入れするのが一般的な傾向です。
福岡で会社設立する際も、この2つの融資制度は活用できますので、融資の計画も立案してみましょう。

トップページはこちらをクリック↓

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.