会社設立の労働法の概要

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

起業家志望ランキング

会社設立後に考える労働法

労働法とは、労働者に適用されるすべての法律の総称です。憲法に規定される労働基本権を具体化するために、様々な法律が定められています。

憲法と労働法

憲法第25条と第27条より、雇用保障法、労働保護法、労使関係法が規定されている。労働関係法である「労働基準法」、労使関係法である「労働組合法」、「労働関係調整法」は、労働三法と言われます。会社設立後に労働者を雇用する際、しっかりと確認すべき法律です。

法律名の略語

会社設立後、労働者を雇い入れると様々な法律を押さえる必要があります。以下に代表的な法律を記載します。
○男女雇用機会均等法→雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律
○高年齢者等雇用安定法→高年齢者等の雇用の安定等に関する法律
○育児・介護休業法→育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律
○労働者派遣法→労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律
○障害者雇用促進法→障害者の雇用の促進等に関する法律
○パートタイム労働法→短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律
○個別労働関係紛争解決促進法→個別労働関係紛争の解決に関する法律
○労災保険法→労働者災害補償保険法
i3-1
トップページはこちらをクリック↓

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.