会社の賃金

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

起業家志望ランキング
■賃金とは
賃金とは、給料はもとより、各種の手当、賞与、退職金など、名称のいかんを問わず、労働契約の継続中に労働の対価として、使用者(会社)が支払うすべてのものをいいます。

■賃金支払いの5原則
使用者(会社)は、以下の5原則の通りに賃金を支払はなければなりません。
①通過払い
現金で支払はなければなりません。
②直接払い
本人に直接払わなければなりません。
③全額払い
全額をしはらわなければなりません。
④毎月1回以上支払い
毎月1回以上支払わなければなりません。
⑤一定期日支払い
給料日は必ず特定しなければなりません。

■退職金・賞与
退職金、賞与は法定化されたものではありません。しかしながら、就業規則、労働契約書等で定められた場合は、賃金となります。

■割増賃金
使用者(会社)は、以下の場合、法律上割増賃金の支払いが義務付けられています。
①時間外労働
法定労働時間を超える時間外労働については、25%以上(限度時間を超えた場合は25%を超える率とするように努めること)
②休日労働
法定休日に労働した場合は、35%以上の割増賃金。
③深夜労働
午後10時から午前5時までの時間帯の労働は、25%以上の割増賃金。

i3-6
トップページはこちらをクリック↓

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.