会社と解雇

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

解雇とは

解雇とは労働者の意思に関わりなく、使用者(会社)の一方的な意思により労働契約を終了させることです。使用者(会社)が労働者を解雇するためには、解雇予告の手続きを行うことや解雇制限規定に反しないことはもちろん、「合理的な理由があり、社会通念上相当である」ことが必要とされています。労働者を解雇するためには、少なくとも30日以上前に予告するか、30日分以上の平均賃金(解雇予告手当)を支払わなければなりません。

普通解雇

労働者に労働契約を継続し難いやむを得ない事由があるときに、使用者(会社)が労働契約を解除することです。例えば、「労働力の問題」、「健康状態の問題」、協調性の著しい欠如」、「勤務態度不良」などがあげられます。しかしながら、これらのような事実があっても、すぐに解雇の理由とはなりません。

整理解雇

業績の悪化により経営の合理化、整備に伴っての余剰人員の整理を目的とした解雇のことです。

懲戒解雇

売上金横領など重大な違反行為をした労働者に対して、使用者(会社)がペナルティとして労働契約を解消することです。この場合は、退職金を支払わずに即時に解雇することができます。ただし、解雇予告手当を支払わずに即時に解雇する場合は、労働基準監督署長の解雇予告除外認定が必要です。

i3-10
トップページはこちらをクリック↓

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.