会社の健康保険

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

会社の健康保険とは

健康保険とは、被保険者や被扶養者となっている家族が、業務外で病気やけが、死亡したとき、また出産したときなどに、医療給付や手当金を支給する医療保険制度です。また、健康保険に加入すると同時に厚生年金保険の被保険者となります。

○適用事業者(個人・会社)
常時5人以上の従業員を雇用する個人事業所(農林水産業及び旅館。飲食店・クリーニング・理容等のサービス業の一部以外)と、法人事業所は強制適用されます。それ以外の事業所(個人・会社)でも、従業員の半数以上の同意を得て年金事務所に申請し、許可を受ければ適用事業所となります。また、パートタイマーも一定の要件を満たせば適用されます。ただし、健康保険の加入対象者は満75歳未満となっています。

○保険料
賃金に応じて定められた額を事業主(個人・会社)と被保険者が半分ずつ負担します。

○給付の対象
被保険者と被扶養者になっている家族が業務外で病気やケガ、死亡出産したとき。

○その他
被保険者期間が継続して2ヶ月以上ある人が退職した場合には、引き続き2年間は被保険者(任意継続被保険者)になることができます。ただし、この場合の保険料は被保険者が全額を負担しなければなりません。

※健康保険は働く人の基礎的保険ですので、会社設立後に考えるべき重要事項と言えます。

i3-13
トップページはこちらをクリック↓

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.