競合激戦の業界での起業・会社設立

こんにちは。
スタートアップ系経営コンサルタント・行政書士の光岡です。
起業・会社設立しようとお考えの皆様に少しでもお役に立つ情報を提供できるようにがんばります。
多くの皆様に読んでいただければ、嬉しいかぎりです。

ポチッと押していただくとモチベーションが超あがります!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

競合他社のひしめくマーケットで起業・会社設立するが、ライバルに負けないようにするには、どうすればいいのか。

○競合分析表をつくって事業コンセプトを極めて行く
経営はある種、戦いの場とも言えます。だからこそ戦略の立案は必須です。そのために、情報の収集は勝敗に大きく影響を及ぼします。

はじめに、参入する業界の市場調査を行います。インターネットの活用が有効といえます。福岡で建設業をはじめるなら、「建設業 福岡」でグーグル等で検索すれば、建設会社の情報が入手でき競合他社の情報が見えてきます。企業理念や得意としている工事、価格帯などが確認できます。

その次に、ヒアリングを行います。自社のターゲットと属性の類似している友人・知人に協力要請して、意見を聞きます。率直な意見を言ってくれる方にお願いしましょう。ヒアリングすべき事項は、「会社の提供する商品を購入しようと思うか」、「いくらぐらいの価格なら購入するか」、「改善すべき点はあるか」等です。

さらに可能であれば、ライバル会社の実地調査も行いましょう。実際にライバルのところで、商品購入したり、サービスを受けたりするのです。例えば飲食業なら、メニュー、味などのクオリティ、外観、内装等の確認ポイントを決めて、情報収集します。これを数社で行い、有力なライバルをピックアップして、自社と比較する競合分析表を作成します。

そこから、事業コンセプトを改善して理想的なコンセプトにたかめていくのです。その際、最もたいせつなのは「なぜあなたから購入するのか」、「なぜあなたの商品を購入するのか」という顧客側の購入動機になる魅力を自社の財・サービスに持たせることです。

q2-2
トップページはこちらをクリック↓

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.