会社設立のための商号を商標登録する

商号を決める際、他人のまねをしないよう調査を行うことが必要ですが、逆に自分の商号を他人にまねされないようにしておくことも大切です。そのために、自分の商号を商標登録しておくといいです。これにより、他人に自分の商号を使用され、損害を被ることを予防することができます。

具体的には、商標登録によりその商標を登録した本人だけが登録商標を「独占的」に使えます。
第三者は、その登録商標そのものや似ている商標についても勝手に使用することはできないのです。
つまり、第三者はあなたの登録商標に「ただ乗り」して利益を生むことができなくなります。

登録商標を独占的に使用できれば、「登録商標の○○」は、常にあなたの生み出したものであり、時を経るにつれ、その積み重ねられた実績により、大きな信用、信頼を獲得する可能性も高まるでしょう。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.