会社設立の際にビジネスと何なのかを考察する

①ビジネスの本質


起業とは、正に事業を立ち上げることであり、会社設立とは適正な手続きを経て、法人と認められることです。自分自身が、起業家、経営者として経済社会でビジネス展開することを意味しています。ビジネスは経済活動としてそのスタイルや形態は多種多様です。それらをひとくくりにするのは無理があります。

しかし、そのしくみは意外とシンプルなものなのです。ビジネスの仕組みとは消費者のニーズにしっかりとフィットする財・サービスの提供を行い、満足してもらい、その報酬としての対価を得ることといえます。基本的に大企業でも中小企業でも、老舗企業でもこれから会社設立する企業でも、この仕組みは変わりません。ニーズのしっかりある市場にニーズを満たす財・サービスを投入し、消費者のニーズに応えることができれば、十分な利益を得ることができます。

それ故、自分がどの市場で勝負するかは、極めて重要です。そして、報酬として得ることのできた利益を財・サービスに投入して財・サービスをより良い方向に進化させるのです。「財・サービスの提供」、「利益獲得」「財・サービスへの利益投入による進化」、「進化した財・サービスの提供」という流れの循環によって、会社の事業を継続することが可能となります。

このようにビジネスとは、消費社会においていかなるニーズがあるかを発見し、そこに対して、自社の財・サービスを提供し、消費者のニーズを満足させ続けることが重要です。しかし、どの起業家・経営者も必死でニーズがどこかにないかを探します。やっと見つけたと思っても、そこにはすでにたくさんのライバルがしのぎを削って競争している場合が多いのです。そのような状況で会社が存続していくには、しっかりとした事前準備と正しい経営判断をすることが必須です。

②福岡で起業・会社設立をする方へ


福岡で起業・会社設立を計画された方も上記の「ビジネスの本質」には十分に留意して戴きたい思います。起業・会社設立する以上、競合他社がいないということはありえません。必ず、競争をしていくことになり、それに打ち勝たなければ会社の存続が危ういものとなります。勝ち抜き、存続する会社となるために、事前準備と正しい判断ができるように、学ぶべきものは学ぶ姿勢が重要です。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.