会社を黒字にする

■損益分岐点とは何か

会社の損益分岐点を求めるためには、費用を変動費と固定費に分ける必要があります。

○変動費とは
「売上に連動して発生する費用」を意味します。売上高がO円ならば変動費もO円となります。たとえば、売上高がO円のとき、商品の仕入金額はO円、外注費もO円です。

○固定費とは
「会社の売上に関係なく、発生する費用」です。給与や家賃、光熱費、通信費などほとんどの費用は、売上が0円でも発生します。
損益分岐点は以下の計算式で求めます。
損益分岐点=固定費÷{(売上ー変動費)÷売上}

損益分岐点がでると、黒字にするため必要な売上が算出できます。起業・会社設立し経営活動しても、利益が出なくては会社存続も危ういです。
必要な売上が算出されたら、その金額を最初の営業目標として事業計画書を作成します。

■損益分岐点を下げる

○固定費を下げる
会社の人件費削減で、損益分岐点を下げることが可能です。たとえば、外注費や残業代、賞与を減らすことなど、人件費に関わるところは下げやすいです。しかし、モチベーションも下がってしまうので、いろいろと留意点があります。

○変動費を下げる
限界利益率(売上高から変動費だけを引いたもの)を下げます。仕入単価を下げることで粗利を増やしたり、複数商品を扱っている場合には、利益率の高い商品の売上割合を上げるような営業戦略を取ります。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.