会社で使う会計ソフト

■会計ソフトの選び方

○自ら経理を担当するならソフトは必須
電卓使用のの手計算せ経理経験がある人を除けば、会計ソフトを使わずに会社の帳簿をつけるのはたいへんです。それ故に、会計ソフトは必須です。一般用の会計ソフトは使いやすく、簿記の最低限の基礎知識があれば、一般的な会計処理は容易です。

■会計ソフトの選択

簿記知識の習熟度によって、選ぶ会計ソフトが違ってきます。会社の経理担当者のスキルを考え、ソフトを選びます。

○クラウド型のソフトウエア
最近増えているのは、クラウド型の会計ソフトです。これらのクラウド型のソフトウェアのメリットは、会社がネットバンキングを使用すると自動で銀行のデータを取り込み、最初に設定しておけば、同じ取引は自動で同じように仕訳してくれるところです。どこでも経理ができ、スマートフォンやタブレットでも記帳できるものもあります。

○連動型会計ソフト
税理士と顧問契約を結び、日々の記帳を自分でする場合には、税理士事務所との連動型が便利です。会社でインターネットで入力済みデータを税理士に送れば、税理士事務所でチェックをして修正データのやりとりも容易です。税理士と経理担当者とで同時に会計データを見ながら電話で話すこともできますし、双方にデータがあり、バックアップにもなります。また、経理担当者が決算前までに入力を終わらせて税理士事務所にデータ送信をすれば、税理士事務所は仕訳をチェックし、スムーズに決算業務に移行でき、決算の時間短縮というメリットがあります。

■会計ソフトに自分で入力する長所

○会社の損益状況の確認がしやすい
通常、税理士事務所にデータ入力を依頼する場合には、月末までの通帳のコピーや領収書などの資料をまとめて税理士事務所に送ったり、直接税理士に手渡ししたりします。そのやり方では、財務資料野完成は翌月の初旬です。しかし、もし自分の会社内で会計ソフトに日々入力していたら(白計化)、昨日の売上や経費が翌日すでに入力されているので、現時点の売上や利益があるのか、目標までにいくら必要なのか、ほぼリアルタイムで確認できます。

○会社のお金の使い方が把握できる
税理士への依存度合いが強いと、財務資料が毎月送られてきても眺めているだけということにもなりかねません。自分で使った経費を領収書を見ながら改めて入力することによって、節約などへの意識が高まります。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.