会社の経費になるのか否か

■経費といっても使えばお金は減る

○経費はよく考えて使う
認められるの経費であっても、使えば使うだけお金は減っていきます。節税のつもりでも、たくさん経費を使えば、その分だけ現金そのものがが減ることを意識してください。
たとえば、決算が近くに、すごく利益が出ているの場合、このままでは税金もそれだけ多くなります。そういうケースで考えるのことは、お金が余っているのだから設備投資などで経費を増やし、税金を減らすことです。老朽化した機材や導入すれば効率化できるであろう機械など、購入することによって生産性が上がったり利誌に貢献する可能性が高いものに投資するの経費として認められます。ものへの支出でなくても、新規営業のために接待をしたり、売上増加のための出張営業に行くのも経費として有効な支出です。
必要でないものや節税のためという理由だけで、何かを買ったり無駄に外食したりしてもしょうないです。

○まずは会社の体力をつける
税額は、利益に税率を掛けて算出されます。利益に税率を掛けるので、利益のすべてが税金でなくなるわけではありません。税金を払った残りは会社のものです。残ったお金は会社の留保して、翌期以降の経済的な体力になります。今後、何かあったときにその留保したお金が役立つケースもあるでしょう。ところが税金が多くなるのを嫌って、利益分を経費として支出すると、確かに税金は少なくなりますが、留保分が残らずお金がない状態が続きます。今後の事業の継続、成長を考えるなら、 税金を払ってでも会社は体力をつけておくべきです。

○シロの経費とは
問題なく経費になる領収書です。会社の設立費用や、税理士などの顧問報酬、会社で使う備品や文具などは経費として認められます。仕事で使った交通費も同様です。つまり事業を営むのに必要なものは、シロの経費です。

○クロの経費とは
税務上、絶対に認められない領収書です。領収書を偽造したり、使ってもいないのに架空の経費を計上したりするものです。白紙の領収書に自分で適当な金額と項目を書いても経費とはなりません。

○グレーの経費とは
ビジネス上、グレーに該当する経費が実はたくさんあります。誰かと会食をした場合、それが事業に関わる人との 打ちあわせであれ ばシロの経費になります。一方、本当はプライベートの友人と会食したのに、経費にしたらこれはクロです 。
クロとシロの両方にまたがる支出がグレーと考えます。これは判断が困難です。お金を払った本人以外に判断ができないのですが、基準としては 「○○したことにして」と言えるものはグレーと言えるでしょう。打ちあわせしたことにして」友人と飲食した費用、「事務所で使っているということにして」購入した自宅の家具や消耗品などの経費はクロです。

■こういう領収書は経費ではないかも

○税理士も税務署職員も領収書を見れば見当がつく
クロに近いグレーの領収書は、税理士や税務署職員が見ると およそ見当がつくものです。たとえば日付や名前のない領収書や、あまりにキリのよい金額の高額領収書など疑いがかかるものです。
「疑われる=クロ」というわけではありませんが、クロでないならば、シロだとしかっり言えなければなりません。lつでもクロが見つかれば、すべての領収書がうたがわれますので、留意しましょう。

①品代と書かれた領収書
安易に「品代」ですませてしまう人がいますが、何を買ったか具体的に書いてもらうようにしたほうが確実です。

②割り勘にしたのに1枚の領収書
打ち合わせの飲食費も、参加者で割り勘にした飲食代を全員分まとめてl枚の領収書でもらう場合は経費になりません。

③商品券
様々なお礼をするケースで商品券を渡すことがあります。商品券も自分でお使ったものは当然経費になりません 。

④贈答品
さまざまなところに「お見舞い」「お礼」「心づけ」などと贈答品を送るケースがあります。そのようなときに、自分のものを買ったり、現金を包んだことにして自分で使ってしまったものは当然経費になりません 。

⑤いつもはレシートなのに、たまに領収書がある
いつもはレシートなのにたまに領収書で「品代」と書かれていると、事業と関係ないものを購入したのでレシートをつけられないのかと疑いがかかってしまいます。

⑥端数なしの金額
5万円、10万円など、現金を包んでいないのにキリがよい金額も疑いがかかります。

■経費で落ちる領収書

①ひとりでのお茶代
会社や自宅だけでなくカフェで仕事をした場合のお茶代は経費になります。

②出張手当
出張手当についての規定を事前につくっておけば、出張に行ったときに出張手当がもらえます。(5千円からl万円)

③自宅の家賃
自宅を会社名義で契約すれば、物件の大きさに依拠しますが、家賃の50%以上を経費にすることができます。

④保険料
法人で、契約した保険は、全部または一部を経費にすることができます。

⑤飲食費
キャパクラ、スナック、レストランなど事業に必要な接待で使用したのなら経費になります。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.