会社の社宅の経費割合

■社長の自宅を社宅にする

○会社で購入する場合
会社が住宅を取得し、社長に社宅として貸しつける際、その住宅は会社の資産として「土地」「建物」に計上され、毎年減価償却していきます。その減価償却費だけではなく、固定資産税や維持費も経費になります。これらは個人で購入しても経費にすることはできません。

○会社で借りる場合
購入しなくても 、会社がその住宅をいったん法人契約して社長に社宅を貸すという「借り上げ社宅」にすることができます。この場合、家賃の支払いは会社の経費になります。ただし、社長がすでに購入した家を会社が借り上げて、さらに社長に貸しでもメリットはありません。

■社長の社宅家賃

○家賃は社長から絶対に受け取る
いずれの場合でも、社長から家賃を受け取らなければなりません 。受け取り家賃が税法で決められた金額よりも少ない場合には、社長に対する役員賞与 とみなされてしまいます。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.