会社の労働保険

■労働保険

○労働保険とは何か
国が運営している保険を一般に社会保険といいますが、詳細には、「健康保険・介護保険・厚生年金保険=社会保険」「労働者災害補償保険・雇用保険=労働保険」と区別されます。

■労災保険

○労災保険とは何か
労働者災害補償保険は、会社・個人事業主の従業員が勤務中、通勤途中にケガや病気、もしくは死亡した場合に被災した従業員やその遺族に対して保険給付を行うものです。

○雇用したら必ず加入
会社でも個人事業主でも、従業員を雇用したら必ず加入しなければなりません。従業員とは正社員、パートタイマ一、アルバイトなど雇用形態に関係なく、たとえ1日だけの契約で雇っている従業員でも業務災害(通勤災害)が発生すれば保険給付を受ける資格があります。保険料は全額事業主負担ですが、社会保険と比べるとかなり低額の保険料で加入することができます。

○事業主や役員
社会保険と違い、労災保険は特別加入をしないかぎり事業主や会社役員は加入することができません。

○加入手続の方法
従業員ごとに加入するのではなく、会社として加入します。事業所の住所を管轄する労働基準監督署に、「労働保険 保険関係成立届」「労働保険 概算保険料申告書」を提出します。

○未加入期聞に労災
事業主の故意、過失などで労災保険加入の手続きをしておらず、その段階で労災事故が発生してしまった場合でも、労働基準監督署に労災保険の給付を請求することは可能です。しかし、このような場合には、さかのぼって保険料を徴収され、また保険給付にかかった費用を徴収されるなど、事業主は重いペナルティがを受けます。これを回避するためにも、従業員を雇ったら、労災保険は最優先で加入するようにしましょう。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.