会社の振替休日と代休

振替休日と代休とは

○振替休日とは何か
休日の予定だった日に仕事をさせなくてはならない場合に、あらかじめ会社のほかの勤務日と休日を入れ替えておくことがあります。このケースで休んだ日のことを「振替休日」といいます。事前に休ませる日を決めているか否かがポイントになるのです。
また休日の振替を行っても、4週4日の休日は、会社として確保する必要があります。

○代休とは何か
代わりに休む日を事前に決めずに休日に労働をさせ、あとから休日を決めて休ませることです。振替休日のように事前に休日と労働義務のある日を交替したわけではないので、休日に働いたという事実は会社に残るわけです。そのため、休日労働にかかる割増賃金を支払う必要があるのです。

○振替体日及び代休の条件
振替休日、代休のどちらも制度化するのであれば、就業規則等に定めておくことが必須です。また振替休日の場合はできるだけ近接した期間に振り替えることが適切であり、会社の実務としては、給与計算期間をまたがないようにするのが望ましいのです。

割増賃金の取り扱い

○休日の振替を行った場合
休日労働にはならないので割増賃金(35%以上)の支払いは発生しません。しかし、振り替えた結果として、その週の労働時間が1週間の法定労働時間を超えた場合には時間外労働となりますので、25%以上の割増賃金を会社は支払わなくてはなりません。振替休日にすれば、必ず割増賃金が不要になるわけではありませんので、留意してください。

問合せボタン



※当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、 法律の改正その他の原因により当サイトの情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。 情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。

Copyright(c) 会社設立サポートセンター All Rights Reserved.